これで大丈夫!日大通信・科目修得試験の勉強法

どうも、この前の試験で思い切りズッコけたすなお(@sunaoschlicht)です。

突然ですが皆さんはどういった方法で単位を修得していっているでしょうか?

今回は科目修得試験のことについて伝えていこうと思います。

科目修得試験は年4回しか実施されておらず、不合格になると単位を修得する計画に支障をきたす恐れがあるのでできれば1回で合格をしておきたいものです。この記事では

何がわかるか
・科目修得試験の準備
・科目修得試験の勉強法
・試験中に押さえておくべきポイント

についてまとめたので

(名前)
勉強方法がわからない…。

という方にむけて5回以上も受験した私が経験に基づいて確立した方法を教えていこうと思います。

日大通信 科目修得試験の概要

科目修得試験とは?

科目修得試験とは、紙媒体の教科書を用いた通信学習の成果を総合的に判定し、当該科目の単位を修得するための試験といい、年4回、全国約50会場で実施されます。

一回の試験で受験できる科目は最大4科目で、以下の時間割で実施されます。

時限 試験時間
第1時限 10:00 ~ 11:00
第2時限 11:20 ~ 12:20
第3時限 13:10 ~ 14:10
第4時限 14:30 ~ 15:30

(※各時限ごとに指定された科目の中から1科目を選択して受験します。)

受験資格

科目修得試験を受験するためには以下の条件を満たさないといけません。↓

条件
・年間授業料を(学費)を払っていること
・受験科目に対して履修登録が登録締め切りに間に合っていること
・リポート提出が締め切りに間に合っていること
・試験の受験手続が締め切りに間に合っていること

リポートの書き方は別記事に書いたのでそちらを参照してください。↓

日大通信リポート提出が誰でも簡単にできる書き方

2019-04-25

リポート提出で気を付けるNGなことも書いたのでそちらを参照してください。↓

よくみて!日大通信・リポート提出でNG4パターン

2019-04-17

科目修得試験 準備編

これはどの試験においても重要なことなのですが、日大通信の科目修得試験は過去問があります。年度ごとにまとめられていて毎年どんな問題が出題されているのかがわかるようになっています。(※模範解答がないのが残念です。orz)

まず過去問で内容を確認して1~2年くらいの過去問を研究し始めることをおすすめします。試験問題の内容は毎年度だいたい同じ内容で出題される傾向がわかります

過去問は短期スクーリングの初日の日に1300円くらいで購入できますし、日大通信の校舎に行けば無料で閲覧できます。

しかし、無料の閲覧は他人がよく閲覧するので試験が近づくと待ち時間ができたり紙もボロボロになっていることが多いので、もし余裕があるなら購入するのも一つの手ですね。

科目修得試験 勉強法編

調べる

さて、どんな問題が出題されるのか傾向をつかめたら模範解答はないので本やインターネットで問題内容について調べていきましょう。本は別に購入しなくても大丈夫です。リポート提出で使った参考書籍でも構いません。

ここで注意してほしいのはインターネットではできればウェキペディアを参考にしない方がいいです。なぜかというとウェキペディアは誰でも編集ができるのでそれが正確な情報なのか確信できないといった理由だからです。

・国や市などの公共機関のHP
・その分野の権威である人物が解説してるサイト
上記のサイトなどがウェキペディアよりは信頼性が高いのでおすすめです。

覚えて勉強

インターネットや本で必要な情報が集まったなと思ったら次は過去問で実際に解答を記述してみましょう。そしてある程度形になったらその回答を暗記しましょう。

ただ丸暗記の必要はありません。時間がかかりますし、疲れますもんね。(;^ω^)

私がおすすめするのは「キーワードを主に覚えて繋げて文書を書いていく」という方法です。そうすれば結構楽に覚えていけると思います。接続詞や代名詞程度ならその場の臨機応変で何とかできますしね。

科目修得試験 試験で押さるべきポイント編

まずはどんな感じに書いていこうか解答の構成を考えましょう

簡単に分けると

導入→概要→概要を掘り下げ→まとめ(※場合によってはなくてもいい)

といった構成で書いていけば大丈夫だと思います。

そのほか試験会場の雰囲気などや全体の流れは別記事に書いているのでそちらを参照してください。

注意!日大通信の科目修得試験の心得4点

2019-04-15

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事を読んで科目修得試験の勉強法を参考にしてくれたら幸いです。試験自体はそこまで難しいものではありません。試験に対しての準備が重要でその準備を怠ってしまうと合格できる試験も合格できないので頑張っていきましょう。

また何かあればTwitter(@sunaoschlicht)のDMで質問を受け付けています。

分かることであればできる限り質問に答えさせていただきますのでお待ちしております。