日大通信・単位修得の方法5パターン

日本大学通信教育部は全国に学生がおり、仕事や育児をやりながら、生涯学習の一環など様々な事情を持った方が学んでいます。

卒業するには「リポート提出+科目習得試験」または 「スクーリング」で単位を習得していかなくてはなりません。

今回はこれから日本大学通信教育部に入学するか迷っている方向けに単位習得の方法を5パターンに分けて解説していきたいなと思います。

何がわかるか
・単位習得の方法の種類が詳しくわかる。
・私個人のオススメする修得方法。

先ほどにも書いたように全国にいる学生のために日大通信の単位の修得方法は複数あり個人の裁量で勉強ができます。

それは以下の5パターンになっています。

パターン1:リポート+科目修得試験


通信教育で学ぶ学生の大多数は基本的にこの方法で習得します。

  1. 履修した科目の課題リポートを提出する。(合否は関係ありません。)
  2. 年4回ある科目修得試験の受験申請をし、受験票をもらった後、科目修得試験を受ける。
  3. リポート+科目修得試験の合格が達成できたら単位習得の完了。

以上の3ステップをクリアすることで単位習得できますがもう少し掘り下げておきます。

リポートの提出ついて

教材の入手方法は日大通信のポータルサイトでや届出を提出し、申請すれば送られてきます。ちなみにかかる料金は授業料に含まれているので追加料金はありません。(※申請する科目数・回数には制限があります。)

リポート用紙は無くなったらまた新たに申請すれば入手できます。これは料金がかかります。

科目習得試験で受験したい場合は試験日の1ヶ月前には日大通信校舎につくように提出し、受験の申請もしなければ試験を受ける事ができません。

しかし、逆を言えば、履修登録した科目は2ヶ月前でも3ヶ月前でも早く提出する事はできるので、提出すれば科目修得試験を受験できるのでとりあえず提出してみるのも手です。

パターン2:スクーリング(メディア授業を含む)単位の積み重ね


「スクーリング」と呼ばれる講義形式、または「メディア授業」と呼ばれるインターネットでの講義で単位を修得していく方法です。↓

  1. 履修登録してスクーリング(メディア授業を含む)を申し込む。
  2. スクーリングを受講する。
  3. 同一科目を申込み・再度受講する。
  4. ②と③でのスクーリングの合格で単位修得が完了。

スクーリングについて

スクーリングには「昼間・土曜スクーリング」の長期間のタイプ、「夜間スクーリング」「地方スクーリング」、「東京スクーリング」の短期間のタイプがありますが、この場合は短期間のタイプが当てはまります。

受講料(スクーリング:1万円・メディア授業:2万円)がかかるので期限までに受講料を振り込んでください。

一度修得した単位は在籍中の間有効なので同一年度内に単位を完成させる必要はないです。なので焦らず自分の都合に合わせて計画しても大丈夫です。

パターン3:昼間・土曜スクーリング

平日・土曜で市ヶ谷にある日大通信の校舎で開講されるスクーリングで前期・後期のそれぞれの合格により単位修得していく方法です。↓

  1. 4月と9月に受講手続き説明会があるのでそこで「昼間・土曜スクーリングの手引き」を入手。
  2. 受けたい科目を決めて申し込む
  3. 期限内に受講料を振り込む。
  4. 講義を受け、試験を受ける。
  5. 前期または後期のスクーリングで合格し単位取得が完了する。

昼間・土曜スクーリングの手引きは開講されている科目についてのシラバスなどの詳しい情報がたくさん書いているので、なんとしても入手しましょう。

昼間・土曜スクーリングの手引きは入手し損ねたらパソコンでダウンロードできるので受講手続き説明会に行かなくても大丈夫です。

しかし、入学したての人は受講手続き説明会でリポートの書き方や教職・学芸員といったコース履修のことについての解説なども行われているので初めての人は行くのをお勧めします。

パターン4:スクーリング(メディア授業を含む)+リポート+科目修得試験


ぱっと見、何の意味か分かりませんが簡単にすると、パターン1の「リポート+科目修得試験」のリポートの一部をスクーリングで肩代わりしてもらう方法です。↓

  1. スクーリングを受講する。
  2. リポート1通を提出する。
  3. 科目修得試験を受験する。
  4. スクーリング+リポート+科目修得試験全て合格して単位修得完了

提出するリポート1通は分冊1・分冊2どちらでも大丈夫です。

この方法での注意点としては科目修得試験の受験申し込みの前に事項したスクーリングの結果が出てある必要があります。

つまり第4回の科目修得試験申し込み後に結果が出る地方スクーリング(10月)、東京スクーリング(11月)ではこの方法は使えません。

パターン5:スクーリング(メディア授業含む)併用試験方式


この方法はパターン1の「リポート+科目修得試験」の科目修得試験をスクーリングに置き換えたのもです。

  1. リポートを提出する。(合否は関係ありません。)
  2. スクーリングを受講する。
  3. リポート+スクーリングで合格したら単位修得完了。

注意としては、昼間・土曜スクーリングはスクーリング併用ができません。

リポートの提出は期限までに(開講日の約1ヶ月前)4単位は2通、2単位は1通しなければなりません。(※不合格でもスクーリングは受講できます。)

スクーリングの申し込みの際に「併用方式」を使用することについての記載があるので受講届やポータルサイトをよく見てください。分かりにくいところにないわけではないのですぐに見つかります。。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

単位の修得方法にも複数あり、個人のやり方で自由に決められるのが日大通信のいいところだと思います。

個人的には普段は昼間・土曜スクーリングで単位を修得し、それ以外をスクーリング併用方式で修得していき、どうしても必要な科目は科目修得試験でしていくことをお勧めします。

日本大学通信教育部に入学しようか考えている人がこの記事で参考にしていただけると幸いです。